2017年2月20日月曜日

第1回 総会&記念講演会

日 時: 2017年3月12日(日)14:00〜16:30(講演会後総会)
場 所: サンフォルテ307号室(富山市湊入船町6−7)
参加費: 無料

 記念講演会 「2005年韓国の家族法改正を振り返る
              〜保守の反対論をどう乗り越えたのか?〜」
    講 師:申琪榮(しん・きよん)さん        
主 催:選択的夫婦別姓を実現する会・富山
 

<講師からのメッセージ>
私が「夫婦別姓運動」に関心を持って研究を始めたのは2000年頃でした。当時は韓国でも「家族法改正運動」が活発に行われていて、両国とも、「美しい伝統」や「家族の解体」を理由に掲げた反対派との対立を乗り越えるのが大きな課題でした。韓国の反対がもっと激しく見えましたが、結果は韓国で先に家族法改正が実現されました。今振り返ると、その当時の特別な状況があったと思います。今回の講演会では、日本と韓国の相違点などを比較しながら皆さんとじっくりお話し、知恵を出し合って、今後の運動に生かしていきたいです。
 
<講師プロフィール> 
政治学博士(米国ワシントン大学(Seattle)政治学科)。日本学術振興会外国人特別研究員を経て、2008年からお茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科准教授、2015年からグローバル女性リーダー育成研究機構・ジェンダー研究所 准教授。
近著に、共著『ジェンダー・クオータ 世界の女性議員はなぜ増えたのか』(明石書店)がある。

お子様連れの参加も歓迎します。 
チラシを欲しい方は、当会までご連絡くださればお届けできるようにいたします。
チラシのダウンロードはこちら
20170312.別姓総会チラシ.pdf

0 件のコメント:

コメントを投稿